コンテンツタイトル

科楽少年隊の秋吉台エコツアー

2009年11月22日

報告書 (pdf形式)
「岡崎大理石(白鷹)採石場跡の見学」

「石灰製造土中炉跡の説明の様子」

「姥ヶ穴洞窟で身を屈めて進む参加者」

「洞窟の前で記念写真」

(1)事業名  :科楽少年隊
(2)実施機関 :秋吉台地域エコツーリズム協会、
         美祢市総合観光部、秋芳洞観光センター、
         山口大学
(3)開催日時 :平成21年 11月 22日(水)  8:30〜17:00
(4)開催場所 :秋芳洞観光センター(美祢市秋吉)
(5)参加者数 :20名
(6)代表者  :古賀邦俊  
(7)活動内容 :テーマ「秋吉台エコツアー」
        「科楽少年隊」の皆さんの科学観察テーマとして
        「秋吉台エコツアー」に参加し、石灰岩の台地である
         秋吉台の自然観察学習を行った。
         @岡崎大理石(白鷹)採石場跡の見学。
         A“吉野桜”石材採石場跡の見学。
         B石灰製造窯跡の見学。
         C牧草地から説明を受けながら周囲の石灰山を鳥瞰
         D牧草地で地元ボランティアによる郷土料理の昼食
         E姥ヶ穴洞窟の探検。コウモリの住む伝説の姥ヶ穴洞窟を探検
         F秋山石灰見学。石灰を製造していた土中炉の見学と
          生石灰のズリから生じたストロー(鍾乳石)を見学

(8)所感
今回は秋吉台西の台地を見学し、3億年も前に形づくられた秋吉の石灰岩の特徴や採石・利用のされ方などについて、山に分け入り、実際に現場を見ながらインタープリターの方から説明を受けた。姥ヶ穴洞窟の探検では未公開の洞窟に泥だらけになりながら奥まで入り、コウモリを見たり、新たな石筍の成長を見たり、また、洞窟の暗闇を体感したりした。子どもたちにとっては少し過酷な体験だったかもしれないが普段見る秋吉台と違った“もう一つの秋吉台”の体験学習になったと思う。