コンテンツタイトル

第10回「環境講座」

2010年9月12日

報告書 (pdf形式)
「大きな地球のビーチボール」

「クイズの時間」

「自分たちの意見を発表」

「正解かな?不正解かな?」

(1)事業名  :科楽少年隊
(2)実施機関 :ときわミュージアム、宇部市、山口大学
(3)開催日時 :平成22年9月12日(日)  9:00〜12:00
(4)開催場所 :ときわミュージアム(宇部市)
(5)参加者数 :14名
(6)代表者  :佐藤愛美
(7)活動内容 :テーマ「ゴミの辞書を作ろう」
        (講師:環境まなび研究所 曽我邦雄)
           @宇宙から見た地球
           A世界のゴミ問題
           Bグループまとめ学習
(8)所感
 講義内容は、まず初めに「ゴミ」というものを「地球」という観点から見て考える、また世界各国の「ゴミ問題」について学ぶことで、「ゴミ」は自分たちの身近な問題に留まらず世界各国の人々にも関わってくる問題であるという意識を子どもたちに持たせることができていたように感じた。大きな視野で物事を考えることで、子どもたちの思考も幅広い方面に広がり、「ゴミ」と一言に言っても、ただ「ゴミ箱にきちんと捨てればよい」というだけの問題ではないということに、学びのスタート段階で気づくことができていたように思う。