コンテンツタイトル

第3回「環境講座」

2011年7月3日

報告書 (pdf形式)
「病気の植物を観察」

「顕微鏡を使って観察」

「病原菌を調べる」

「植物のどこに菌がついているのか」

(1)事業名  :科楽少年隊
(2)実施機関 :宇部市、山口大学
(3)開催日時 :平成23年7月3日(日) 9:00〜12:00
(4)開催場所 :ときわ公園(宇部市)
(5)参加者数 :6名
(6)活動内容 :
    「植物に発生する病気について」 講師:田中秀平(山口大学農学部教授)

(7)ひとこと
 まずは野外で病気にかかっている植物がどのような状態で生息しているかなどを自分たちの目と手で感じることを体験した。そしてそれらの病原菌を観察することで、普段何気なく見過ごしている植物も病気にかかることがあり、それらの原因がウィルスであるということを学んだ。注意してみて見ると、自分の身の回りにはまだまだ気づかない不思議な現象がたくさん起こっているということが学べたようで、子どもたちからも楽しかったとの声が聞かれた。特に顕微鏡の扱いなどが学べた点は今後の学習に活かされそうだ。