コンテンツタイトル

青少年のための科学の祭典2009萩大会

2009年10月4日

報告書 (pdf形式)
「準備中の会場全景」

「どうやって指紋でスタンプを作るの?!」

「どのコマが良く回るかな,勝負!!」

「回すとどんな模様になるかな?」

(1)事業名  :科楽騎兵隊
(2)実施機関 :青少年のための科学の祭典2009萩大会実行委員会、
        (財)日本科学技術振興財団、萩市教育委員会、
         阿武町教育委員会、山口大学
(3)開催日時 :平成21年10月4日(土) 10:00〜15:00
(4)開催場所 :市立明倫小学校 体育館(萩市)
(5)参加者数 :約1000名(主催者報告)
(6)代表者  :岡屋勉
(7)活動内容 :テーマ「科学の祭典2009萩大会」
         萩市立明倫小学校で開催された「青少年のための
         科学の祭典2009萩大会」に、2つのテーマでの
         ブースを出展するとともに、会場運営にもボランティア
         として参加した。
         @ おもしろスタンプづくり
         A 作ってあそぼう、工夫するおもちゃ
(8)所感
児童生徒の研究や工夫をみると同時に体験的に科学に触れられる実施形態は、児童や保護者の参加も多く、今後の参考となるものであった。今回山口大学が出展した2つのブースのうち、@のシリコンゴムを用いたスタンプづくりでは、乳幼児と来場した保護者が小さな子どもの指先を記念として残すために参加するといった例も多く、新たな切り口として今後有効と考えられる。Aのコマづくりについては、特に小学生の参加が多く、製作の順番待ちもみられた。ペットボトルのふたの中心を求める工夫(厚紙で作成したセンター定規)についても、当初準備した資料では足りなくなるなど、多くの関心が寄せられた。