コンテンツタイトル

第17回教材開発WG

2009年12月9日

報告書 (pdf形式)
「鉄心入りコイルモーター」

「ボール紙製ダンプとスポーツカー」

「大きさの違うステンレス線自転車」

(1)事業名  :教材開発会議
(2)実施機関 :山口大学、おもちゃ病院
(3)開催日時 :平成21年12月 08日 (火)  18:30〜20:20
(4)開催場所 :山口大学工学部常盤総合研究棟2Fものづくり創成センター213教室
(5)参加者数 :6人
(6)代表者  :岡屋勉
(7)活動内容 :テーマ「第17回教材開発WG」
          @磁界と電流の相互作用を理解させる教材について
         A流体実験
          B自作オモチャ紹介
  
       
(8)所感
電流と磁界の相互作用により産まれる力は、定性的には分かりやすいが、事象から法則性をつかむ過程を省略すると、覚える理科になりやすい。今回の、段階を踏んだ実験器具、単純構造から次第に複雑化するモーター等子供の理解を助け・促すに十分応える作品である。しかも、作品が関連する図や説明図と同じ構造で作られていることは、さらに理解に役立つであろう。