コンテンツタイトル

第18回教材開発WG

2010年1月20日

報告書 (pdf形式)
(1)事業名  :教材開発会議
(2)実施機関 :山口大学、おもちゃ病院
(3)開催日時 :平成22年1月19日(火)  18:30〜19:50
(4)開催場所 :山口大学工学部常盤総合研究棟2Fものづくり創成センター213教室
(5)参加者数 :9人
(6)代表者  :岡屋勉
(7)活動内容 :テーマ「第18回教材開発WG」
         @静電誘導(ウィムズハースト起電機)の実演と仕組み検討
         A環境・エネルギーの演示実験例
         Bコイルモーターの進化(簡単から複雑へ)
     
       
(8)所感
静電誘導は高校物理で取り扱うが、本機ウィムズハースト起電機は1880年代に考案されている古典的な実験器具である。絶縁された金属片が、周囲の空間のわずかな電荷のゆらぎにより、+や−にチャージすること。その電荷を次々に伝播、集積し高電圧に蓄電する仕組みが、いまいち納得がいかない。今後の、もちまわり課題にしたい。