コンテンツタイトル

第22回教材開発WG

2010年5月11日

報告書 (pdf形式)
「電気自動車の試作」

「論議の様子」

(1)事業名  :教材開発会議
(2)実施機関 :山口大学、おもちゃ病院
(3)開催日時 :平成22年5月11日(火)  18:30〜19:50
(4)開催場所 :山口大学工学部常盤総合研究棟2Fものづくり創成センター213教室
(5)参加者数 :4人
(6)代表者  :瀬島吉裕
(7)活動内容 :テーマ「第22回教材開発WG」
          @いちから電気自動車の試作品紹介
          夏休みにシーモール下関と協働で開催する
         「夏休み工作教室」での題材
  
       
(8)所感
シーモール下関との合同イベントとして行うこととなった「夏休み工作教室」であるが、シーモール下関の要望が「工作したものを、みんなで競争させる」というものであった。そこで、これまでに完成させたコイルモータを動力として搭載し、新たに開発したのが電気自動車である。この電気自動車は、電気から生成される動力を視覚化するだけでなく、実際に動力がどのように伝達されて車輪が回転するのかがわかりやすい。今回開発した電気自動車は、これまでの教材を発展させたものであり、教材開発の方向性を検討する機会になった。さらに、シーモール下関の要望にも応えるものとなっており、お互いにとってメリットがあると期待される。