コンテンツタイトル

第33回教材開発WG

2011年2月21日

報告書 (pdf形式)
「会議の様子」

「スピーカーの分解」

「パソコンの分解」

(1)事業名  :教材開発会議
(2)実施機関 :山口大学、おもちゃ病院
(3)開催日時 :平成23年 2月22日(火)  18:30〜20:00
(4)開催場所 :山口大学工学部常盤総合研究棟2Fものづくり創成センター213教室
(5)参加者数 :10人
(6)代表者  :瀬島吉裕
(7)活動内容 :テーマ「第33回教材開発WG」
         今回は、コイルモータの派生として、振り子モータが紹介
         された。まず、コイルモータの原理が説明され、続いて
         振り子モータが紹介された。
         この教材は、コイルモータの電磁誘導により生成された力を
         振り子のように動作する。また、前回の宿題であった
         パッケージ化についての報告がなされた。

       
(8)所感
今回は、コイルモータを利用した教材として振り子モータが紹介された。実験の最初の「つかみ」の部分で子どもたちの興味や集中力が決まってくることがわかった。この教材のように、「つかみ」として効果的な教材の開発も必要である。