コンテンツタイトル

「おもしろ科学実験」山口市立秋穂中学校

2009年7月2日

報告書 (pdf形式)
「実験1:液体窒素とは」

「実験4:バナナやバラを凍らせる」

「実験5:超伝導浮上列車」

(1)事業名  :科楽騎兵隊
(2)実施機関 :山口大学、山口市
(3)開催日時 :平成 21年 7月2日(木)  10:40〜13:10
(4)開催場所 :山口市立秋穂中学校(山口市)
(5)参加者数 :62名
(6)代表者  :岡屋勉
(7)活動内容 :テーマ「おもしろ科学実験」開催
    実験を6パートに分割し、生徒も6班に分け、
    各班8〜10名の小グループで移動。
    各パート約15分程度の実験を順々に体験させた。     
    @ 液体窒素とは
    A ドライアイスを作ろう
    B 液体酸素の観察
    C バナナやバラを凍らせる
    D 超伝導浮上列車
    E ペットボトルを浮かせよう

(8)所感
今回は、ドライアイス、液体窒素、液体酸素と扱う物質が極低温物質であること、また、生徒にとっては、初めて見る物質であるために、実験1〜6のどのパーツも興味・関心を持続させるに十分な素材となった。しかし、6実験の関連性を考えると、実験1の「液体窒素の基礎」を体験した後に、実験3〜実験6に進ませたい。生徒数・時間・場所等の諸条件が制約された中で子供の思考の流れと、実験順・動線の流し方について、最良な実験順序を考えたい。