コンテンツタイトル

夏休みジュニア科学教室「スクイーク(Squeak)でプログラムを作ってみよう!」

2009年8月20日

報告書 (pdf形式)
「講座の様子」

(1)事業名  :合同イベント
(2)実施機関 :夏休みジュニア科学教室実行委員会
        (山口大学、山口東京理科大学、宇部フロンティア大学、
         短期大学、宇部工業高等専門学校、徳山工業高等専門学校、
         宇部興産、協和発酵バイオ山口事業所宇部、
         セントラル硝子、中国電力、赤坂印刷、宇部情報システム、
         やまぐち産業振興財団、tysテレビ山口、宇部日報社)
(3)開催日時 :平成21年8月20日(木)  13:00〜15:00
(4)開催場所 :山口大学工学部(宇部市)
(5)参加者数 31名
(6)代表者  :古賀邦俊
(7)活動内容 :テーマ「スクイーク(Squeak)で
                 プログラムを作ってみよう!」
          @山口大学大学院理工学研究科 准教授 
                      山口真悟博士の講義
          A簡単なプログラムの作成
        
(8)所感
スクイークを起動しナビゲーターのお絵かきソフトで “ねずみ”を描いたり、この“ねずみ”をビュワーの中の「タイル」を使って、前進させたり、回転させたりするのに、時間はかからず、子どもたちの適応力に感心した。しかし、最後の応用プログラム作りではかなり戸惑ってサポートを求める子も多く、スタッフも大忙しであった。終わりの時間が来ても頑張っている子がいて、関心の強さが思われた。